読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

納得するなっとさん

乃木坂ネタ中心に勝手に考察します。あとプログラミングネタとか日記とか。

乃木恋 第四回彼氏イベントスコアから見る乃木坂メンバーの人気順位

彼氏イベントのスコアから人気順位を考察する

第二回、第三回に続いて今回もスコアを集計してみた。

 

ziruknogas.hatenablog.com

ziruknogas.hatenablog.com

単位は万。イベント終了翌日10時頃集計。

 

スコア一覧

 

メンバー 二回 三回 四回 順位(2回) 順位(3回) 順位(4回) 変動
西野七瀬 2000 3588 5922 1 1 1 0
橋本奈々未 1450 3583 5300 3 2 2 0
齋藤飛鳥 1570 2990 4536 2 3 3 0
白石麻衣 1400 2779 3756 4 4 4 0
堀未央奈 1080 1935 3302 7 7 5 2
生田絵梨花 1320 2295 3148 5 5 6 -1
井上小百合 990 1510 3131 12 13 7 6
衛藤美彩 1140 2075 3002 6 6 8 -2
秋元真夏 1000 1600 3000 11 10 9 1
北野日奈子 960 1484 2736 13 14 10 4
中元日芽香 1060 1534 2714 8 11 11 0
若月佑美 880 1511 2698 15 12 12 0
桜井玲香 1020 1607 2607 9 9 13 -4
星野みなみ 1000 1732 2437 10 8 14 -6
高山一実 820 1298 2392 16 18 15 3
伊藤万理華 950 1475 2283 14 15 16 -1
寺田蘭世 720 1306 2282 20 17 17 0
新内眞衣 800 1353 2172 18 16 18 -2
松村沙友理 770 1094 2167 19 19 19 0
渡辺みり愛 520 970 2004 26 23 20 3
生駒里奈 810 1048 1868 17 20 21 -1
山﨑怜奈 530 894 1861 25 25 22 3
斉藤優里 610 963 1861 22 24 23 1
鈴木絢音 550 1022 1789 24 22 24 -2
樋口日奈 420 863 1775 28 26 25 1
佐々木琴子 660 1027 1676 21 21 26 -5
中田花奈 570 765 1413 23 27 27 0
伊藤純奈 340 563 1212 31 31 28 3
伊藤かりん 380 618 1202 29 29 29 0
相楽伊織 380 581 1184 30 30 30 0
斎藤ちはる 440 647 1148 27 28 31 -3
川後陽菜 170 300 866 34 34 32 2
能條愛未 200 364 721 33 32 33 -1
和田まあや 130 203 662 35 35 34 1
川村真洋 220 352 488 32 33 35 -2

 

 

f:id:ziruk:20170212115018p:plain

 

考察

全体スコア

まず目につくのは全体的にスコアが伸びている点。

最も低い伸び率のまいやんでも1.35倍、最も高い伸び率のまあやは3.26倍になっている。

前回の日程は10日間、今回は11日間なので単純に1.1倍、また後半の日程の方が1キャンディーあたりの獲得スコアも上がるのである程度は上がるとは思っていたが、ここまで上がるとは思わなかった。

乃木オタのバレンタインにかける情熱のおかげだろうか。

 

また、なーちゃん、ななみん、飛鳥、まいやんのスコアのぬけっぷりはやはり凄い。

この4名だけ傾きが異なる点からもうかがえる。

また、みおなが前回から順位を上げ5強に入ってきた点も特筆すべきだろう。

順位変動

今回は順位が変動したメンバーが多かった。

3以上変動したメンバーは以下の通り。

 

井上小百合 6
北野日奈子 4
伊藤純奈 3
山﨑怜奈 3
渡辺みり愛 3
高山一実 3
斎藤ちはる -3
桜井玲香 -4
佐々木琴子 -5
星野みなみ -6

 

にゃんの6上昇からみなみの6下降まで。特に何かハネる(サゲる)ようなことはなかったように思うが…

 

選抜回数

上位から順にみていくと、みりあ、れなち、あーちゃん、琴子は現選抜メンバーよりも高いスコアを出している。選抜未経験でありながら多くのファンを獲得していることが伺える。

 

まとめ

今回は全体的にスコアが伸びて、無課金・微課金だと100位に入るのも難しい印象。

今回の自分のスコアが1200万程度だったので、前回900万から見ると1.3倍程度。前記した通り日程的な面を考慮すると、前回と同じくらいのペースでスコアは獲得できたと思われる。。

しかしこの点数では100位以内は入れるメンバーは純奈以下8名のみ。相当厳しい。

徐々に課金必須のイベントになってきていると推察される。

 

1/21 乃木坂46SHOW ミニライブフォーメーションに見る運営の推しメン三期生

運営は三期生の誰を推していくのか?

以前の記事でブログコメント数から三期生の人気順を想像してみた。

 

ziruknogas.hatenablog.com

その際の当ブログの結論は

1位:山下美月

2位:与田祐希

3位:久保史緒里

4位:梅澤美波

ということになった。

 

さて、しかし実際に誰を推していくのかを決めるのは運営である。

その推し方の一端をこないだの乃木坂46SHOWの三期生ミニライブから推察したいと思う。

 

46SHOWでのミニライブのフォーメーション

雑な表現だけど、曲開始時は以下のようなフォーメーション。

(5 9 は実際には別列な感じがするが、ここではまとめた)

 

    10 11 12    
  5 6 7 8 9  
  3       4  
1           2

 

1 阪口珠美
2 与田祐希
3 伊藤理々杏
4 岩本蓮加
5 中村麗乃
6 山下美月
7 大園桃子
8 久保史緒里
9 佐藤楓
10 梅澤美波
11 向井葉月
12 吉田綾乃クリスティー

 

センター(7)に大園、その両脇(6,8)が美月と久保。

最前(1,2)に阪口、与田。

ちなみに、この人数・この楽曲で、かつお披露目的な意味合いもあるのでフォーメーションは目まぐるしく変わっていく。なので、サビ前までに全員真ん中に来てカメラで抜かれていた。

 

続いて、サビ入り。

    11   12  
6 7 8 9 10  
  1 2 3 4 5

 

1 阪口珠美
2 山下美月
3 大園桃子
4 久保史緒里
5 与田祐希
6 向井葉月
7 中村麗乃
8 伊藤理々杏
9 岩本蓮加
10 佐藤楓
11 吉田綾乃クリスティー
12 梅澤美波

 

フロントセンター大園、サイド美月・久保は変わらず。

両脇を阪口と与田が固める形。

途中サビまでの流れと同様にフォーメーションが入れ替わってはいたが、

やはり2番のサビでも同じフォーメーションになっていた。

 

当ブログが推察する、運営の推しメン三期生

以上、曲入りの抜き方・サビ前のフロントを元に考えると、現時点での運営の推しメンは…

 

1. 大園桃子

2. 山下美月, 久保史緒里

3. 阪口珠美, 与田祐希

 

という感じではないかと推察する。

 概ね以前調査したブログのコメント数通り、そこから梅澤アウトで阪口インといったところか。

コメント数的にりりあんが入っても良い気もするが、この辺りは僅差なのかもしれない。(実際、りりあんは阪口側のポジションでセットでカメラに抜かれることが多かった)

梅澤が入っていないのは、身長的な見栄えでクリスティーとセットになっていたのではないだろうか?

 

後はここから1期・2期との絡みでどう配置されていくのか…見ものである。17th選抜発表、ないし乃木中でのバナナマンとの交流が楽しみだ。

 

以上、いつも通りの勝手な考察記事でした。

 

堀未央奈は生田絵梨花にタメ口きけるようになってたんだなぁ

乃木坂

未央奈、いくちゃんにチョコを渡す(まだ敬語)

飛鳥が跳ねに跳ねた2016年のバレンタイン企画。

 

www.youtube.com

23:30~あたり。

この時点では未央奈はまだいくちゃんに敬語だった。

同い年であっても1期生と2期生という壁があるんだなぁと感じた瞬間だった。

 

時は過ぎて、成人式回(未央奈、がっつりタメ語)

さて、2017年1月15日放送の成人式お祝い回。

この回は今年成人を迎えた5人(生田絵梨花堀未央奈北野日奈子中元日芽香斎藤ちはる)が食事とカラオケをする風景をただひたすら流すだけの回。(なのに面白いからすごい)

撮影日は12月某日とのこと。つまり、バレンタイン企画からまだ一年経っていない。

 

www.youtube.com

3:20~くらいから、謎のテンションで入ってくるいくちゃんと未央奈。

あーバレンタインコンビだー、と思ってみてたんだが、何か違和感。

…あ、未央奈、タメ語!

 

生田 「とりあえず奥詰めとく?」

未央奈「そうね」

と、相槌が軽かったり

 

ポン酢の匂いを嗅いで

未央奈「飲みたい!飲もうよ!」

と軽く話していたり。

 

あー、距離が縮まったんだな!!とほっこりしてしまった。

自分があまり追い切れていなくて、タメ語で話しているところを初めてみただけなのかもしれないけど、こうしてメンバー間の(特に1期生と2期生の)距離が縮まっているのは凄く嬉しい。

軍団系など近づいているのも表に出てきているけれど、それでもまだ壁があるように感じてしまうので。

 

3期生も入って来たしね。仲の良いメンバーであってほしい。